CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
SEARCH
OTHERS
本・映画・音楽・愚痴
<< 日本アカデミー賞 | main | 流用 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『アメリ』 観ましたとも・・・・
アメリ
アメリ



えーとね。この記事は某所でやってる自分のブログと同じですから
そっちを読んだ人はスルーしてくださいね
(ま、若干の手入れはしてますが)

さて。

かの『ショコラ』を観た後で、

いろんなヒトから
「それをみて感動したなら アメリを観るべき」という発言が
かなりなされており。
蓮にもコメントにて推奨されましたっけ。



でもさー、あのパッケージの写真だけで

なんかこう、ヒクわけさ。

えぇ・・・・なんかやだなぁ・・・・・
うざそうなんですけど、この女性・・・・

そして、一回借りたものの、どういうわけだか字幕機能がダメで、
そんなことはツタヤさんに言えば
新たに借りられるだろうとわかっていても
「・・・もういいや・・・」

という経過があって、でも、やっぱり気にはなるので
まぁ、観てみましょうか。

この写真はタマタマかわいいから使ってるだけで

内容的にはけっこう感動できちゃったりするのかもしれないしね♪

(しかし、フランス映画というだけですでに腰が引ける自分
    ↑ 仏語の、音の感じが苦手)


で。

観ました。最後までちゃんと観ました。

ストーリーがどうなっていくのかが気になって、
とうとう最後まで観ました。がんばりました、自分。

えーと。
主人公、かわいかったです。
あまりにも細くて首が長くてびっくりしました。
新種の生物をみるような気分でした

わりと女優さんとかを見ると「ダイエットがんばらなくちゃ」って
気合いれなおしたりするんですが

この人を見てる分には
「あぁ・・・こういう種類の生物なんだなぁ」てスルーしちゃいますね。



 (ちなみに彼女が恋する男性も首の長いヒトだったため

  キスシーンは首を絡めるようなありさまで

  まるで鶴の求愛行動を見るような気分であった)



部屋の雰囲気とか、服のセンスとかもよくて

作品の「色」が けっこうステキでした。


でも

正直ウザかった・・・・・(がくり。

やっぱりダメだ〜・・・・

明るくてすっとぼけた振りして、やることが陰湿。
空想や夢の中で生きてます、っていう設定は否定しないけど
(自分もちょっとそんなとこがあるので、かえって安心したりね)

でも、その空想(妄想?)が、なにやらあまりにも遠い世界で
時々「おぉーい! 帰ってこーい!」と叫びたくなります。


お好きな方が読んだら
とってもお怒りになるだろう感想でした。ごめんなさい。

彼女の頭の中でなにが構築されているのか考えたくもないほど
うっとうしい遠回しな行動と発言のアラシで
というと、ものすごく悪口いってるようだけども
実のところ、そういう感想しかもてない自分は
多分に日々の生活に追われて、
ゆとり(経済的というよりは時間的に)のない暮らしぶりなんだろうなぁと
いやでも思い起こされるのがイヤなのかもしれません。

「お話」としてみるからまだいいようなものの
実際にこんな人がそばにいたら
日々ストレスがたまるに違いない。
アメリのような性格と生活がうらやましいわけではないが
「そう生きられたら楽でいいでしょうね」とは思うわけで
そばにいられちゃいやでも比較的に自分を「楽じゃない」と確認することになりそうです。    イヤだぁ〜そんなの〜(T-T)


ところで。
どうしてこれと『ショコラ』が同一関係に並べられるのか
とっても不思議なんですけど。

同じ「お伽話系」だから?



でも、「アメリ」ってけっこう、おとぼけたふりして
ちゃんと「大人」でしたけど?
さすが「アムール」のお国フランス。
お伽話と勘違いしてお子様に見せちゃいけません
| DVDとか映画とか音楽とか | 08:39 | comments(1) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 08:39 | - | - |
すみません。自分が以前どういうふうにこれを推薦していたのか思い出せません。
映画として面白かったと言う意味でした。たぶん・・。
現実にこんなのがいたら(失礼)引きますし有り得ないし、嫌いです(笑)
ただ、作り方として色とか場面展開とか小道具とか衣装とかスタイルとして観ていて楽しかった。そういう記憶があります。

そうそう、子供と一緒に観たりしてはいけません。な映画でしたね。
凄い大人ばかりの出演ですから。
| 蓮如 | 2005/02/24 1:51 AM |









http://katujibaka2.jugem.cc/trackback/198
アメリ (2001)
好き度:★★★★★★★☆☆☆ 主演はオドレイ・トトゥ、共演にはマチュー・カソヴィッツ。 監督は「エイリアン4」のジャン=ピエール・ジュネ。 小さい頃から空想の世界で遊ぶことが好きなアメリ(トトゥ)。古いアパートで一人暮らしをしている彼女は人知れず
| 嗚呼 Every day of a MOVIE | 2005/02/26 3:44 AM |