CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
SEARCH
OTHERS
本・映画・音楽・愚痴
<< 京都の路地で振り向く。『きつねのはなし』 | main | そういえばうちにもあった。『なぜ三ツ矢サイダーは生き残れたのか』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
車は自転車とは違うから。『クルマの最新メカニズムがわかる本』
『史上最強カラー図解 プロが教える自動車のすべてがわかる本』という本を読んだあとでこれを読んだので、非常にわかりやすかったです。
前者は微に入り細に入りの超詳細な「参考書」みたいな存在だとすると、
後者の本書は授業用の「テキスト」の様相。
読むならこっちを先にお勧めします。

アイドリングストップは最近のCMではマツダのアクセラで有名ですが、本書でも最初のほうに取り上げられています。初版が今から4年前。その頃からこの機構があったのも本を読むまで知りませんでした。そしてもちろんその仕組みも。
フューエルカットの考えをより前進させたアイドリングカットは都バスでは馴染みがあるものでしたが、いまや普通乗用車にも標準装備になっているんですね。ノックスをはじめとする排気ガスを出すガソリンエンジン搭載車にはこれからはきっと必須になるんだろうなと思います。

色々CMから「言葉」としては聞きかじっているはずの『リーンバーン』『直噴エンジン』、自分の車にも搭載されている『VSA』『ABS』『ベンチレーティッドディスク』『キーレスエントリー』『HID』『カーテレマティクス』『VICS』などの謎!も目からうろこです。

勿論『ハイブリッド』や『バイフューエル』、『電気自動車(EV)』『LPガス燃料』『水素エンジン』『天然ガス燃料』『バイオマス燃料』などなど、現行の車にもどんどん実現されているものが盛りだくさんに書かれています。

5年後とかにもう一度これを読んだらどんな感動が起きるのでしょうか。
| | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:57 | - | - |









http://katujibaka2.jugem.cc/trackback/242