CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
SEARCH
OTHERS
本・映画・音楽・愚痴
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
おひさしっ♪
2007.3蓮1
まぁ、3年近く放置してたので誰も見てないとは
思うが。
する事なす事、飽きちゃったのでふっかーつ。

MOVIZOが私の911Tに対応してないとわ!!
せっかく可愛いうちの子ムービーを載せようとしたのにな〜。
| | 02:12 | comments(3) | - |
『アウトドア流防災ブック』〜備えあれば憂いなし
誰もが気づいてて見て見ぬ振りをしつつも、頭のどこかでだんだん大きくなっていっている不安。
巨大地震は、絶対に「来ないとは言えない」。
ニュース番組、ドキュメンタリー、特番、ドラマ、映画、あらゆるものにその翳りを見つけることができます。
最近興味を持って読み始めた「その手の」書籍類。
その中でHOW TOモノであるこの本は小学館から出ている薄い小冊子みたいな見た目です。
続きを読む >>
| | 01:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
透明感に癒されます(ベタ褒め ボニーピンク
Even So
Even So
BONNIE PINK, トーレ・ヨハンソン

癒されるという言葉はもはや手垢がゴッテリついてて
あえて使いたくないくらいなんですが

この人の声を聴いていると  じつに癒されます。

デビュー当時から好きでシングルが出るたびに気になります
アルバムも二枚くらい持ってたはず(どこいったっけか;;
去年、「LAST KISS」というシングルが出た頃
久しぶりにこの人の声をFMでさかんに聴きました。
あいかわらず、透明感があって聴いてて耳障りのない高音が
気持ちよくて 「これが入ったアルバムは買おう!」と決めてました
先日やっと購入。
車の中でよく聴いています。
この人のために2枚入ってた嵐のCDが
1枚チェンジャーから消えました(笑
スキマスイッチはまだ3枚も入っているというのにw


最近、半身浴のお供にMDをお風呂に持ち込んでます。
ここのところはずっと嵐かE.L.T、
もしくはスキマスイッチだったんですが
(なんかバラバラやな;
せっかくですからボニー嬢を聴きましょう
さぞかしリラックスできるに違いない!
とイソイソとMDに落とし、さ〜てお風呂でゆっくりと・・・

危険です。
寝てしまいそうになりました。てか軽く寝てたがな(^^;

リラックス効果が絶大である事は証明されましたが
お風呂で聞くのはアブナイことがわかりました。残念。

彼女の声を聴いていると
初夏の早朝、海辺を車で走っているような爽快感を覚えます。
前にも後ろにも車はいなくて
一人で、気持ちのいい速度で(決して高速でなくて良いの)
ずーとこの声を聴きながら車を走らせたら
さぞかし気持ちがいいでしょう。




昨今、「苦しいならやめとけ」とツッコミたくなる
無理やりな高音を出す歌手が多い中(誰とは言わん。いっぱいいるし)
彼女の、のびのびとした高い声は聴いてるこっちが
「あーもっと高い音までいっちゃってください」とお願いしたいくらい。

決して「ディーバ系」ではないと思う。
あれはあれで聴く方にも「気合」が必要な気がする。
ボニーピンクはいい具合いに肩の力が抜けてて。そこにハマるんだよなぁ。

余談ですが、顔もとっても可愛くて好きです、ハイ。
目の力が強くてキリリとしてるのに
どっか甘さがある顔で、声のイメージそのままです



| - | 10:52 | comments(5) | trackbacks(0) |
『毒笑』
毒笑―遺稿集
毒笑―遺稿集
飯尾 憲士著

先月26日のBBSのガルが書くに遅れること、約一ヶ月。やっと読みました。
いやぁ 梅庵、結構な手ごたえでした。お勧めします。
こういうジャンルはきっと売らんかな書籍雑誌(けなしているわけじゃないけど)では紹介されにくいと思うし、(既にされていたら落ち度です。すみません。)書店でうまく並べてあってもなかなか手に取らないと思う。
教えてくれて感謝です。>ガル
BBSのレスで「助教授の推薦の言葉は何だったのか」と質問しておりますが、読んでいくうちに腑に落ちました。
遺稿集とあるとおり、従心(七十歳)を越えて書かれた重みのある短編集でした。
平易で綺麗で簡潔で、未踏の山奥で人知れず滾々と湧き出す清水のような滋味がする文章でした。
続きを読む >>
| | 01:54 | comments(1) | trackbacks(0) |
『ゴッド・ディーバ』
ゴッド・ディーバ 通常版
ゴッド・ディーバ 通常版

ストーリーはわかりましたが、お疲れ様という感じです。
これが劇場で観たものだったら、帰りに吉野家で大盛り卵お味噌汁お漬物付きを誰かに奢ってもらいたい気がするかも。
(よくわかりませんけど、この感情)
古代エジプトの神ホルスがなんで死刑宣告を受けたのか?7日間の猶予が与えられた目的はわかるけれど理由は?チェスをして待ちくたびれていた二人の神の存在意義は何?実写とアニメーションのコラボの意味は?ディーバというにはあまりにも存在感がないのでは?憑依霊や悪魔の方がもっと根性があるよね?結果を言うとあまりに悲しいけど、「神にも欲望はある」とうそぶいたホルスが死ぬ前に子供を作るために間接レイプするという、そういう話だった。
それは違う! って誰か教えてくれるなら教えてください;
フランス映画ってなんで素直に作らないんだろう・・・。

色合いが綺麗でしたが、CASSHERNにかぶってしまったかな。残念。




| DVDとか映画とか音楽とか | 17:57 | comments(7) | trackbacks(0) |
『Seventh Anniversary』
seventh anniversary
2003年 行定勲監督
『GO』の行定監督作品ですが、脚本と映像との違いというかなんといえばいいのか、あの面白さをそのまんま求めてはいけないですよね。
いや、それを求めて一人の監督の作品を観ては邪道なのかもしれませんけど。

あらすじは上記から飛べるサイトで見てもらえればいいので省きます。
結構肉体的にも精神的にも痛い場面が多く、これを観て癒されたりはしませんが、見終わってから反芻したときに、感じるものはあります。
昔のいろんな失恋を石にしたらどんなふうなんだろうとか、今自分が抱えている自覚症状のない結石はどんな大きさのどんな光を持っているのだろうとか。でもまだ外には出したくないな。とか。
友達の石は辛くて見たくないな。とか。
でも逆に早く産んで葬りたいとか思う一瞬もあったり、月が異様に気になる夜があったり。

柏原収史さんが出ています。優しい幼馴染役を演じています。
ルルの髪を撫でる場面が好きです。
宮台さんがおっしゃるとおり、ああいう場面は女の子好きしますね。
世の中の男性諸氏、女の子や女性がそれ以上優しくしないでという時は
その逆の言葉だということですね。
(使用後の誤爆は責任持ちませんが。だってTPOや自分の立場を見誤って使った場合は、完全否定のそのまんまの言葉なわけですから。)

取立て屋が言うセリフ
あんたらには無理だよ。あんたら夫婦には愛がありすぎる。

痛ましすぎます。
でも現実の世界では、目に見えない巨大な石を産み落として心が死んでいく女性もいるに違いありません。
| DVDとか映画とか音楽とか | 02:06 | comments(2) | trackbacks(0) |
あたしも読むんだから。
読書する蓮
音読はできにゃいけどね。
| | 00:47 | comments(1) | trackbacks(0) |
『僕の彼女を紹介します』
僕の彼女を紹介します
アマゾンのレビューをみて詰まってしまいました。
「上質のアイドル映画」とは何ぞや。
これではその評価と正反対の先入観を持たれてしまうのではないか?
チェン・ジヒョンがクァク監督によって作られた前作『猟奇的な彼女』で成功して一躍アイドルになった、それはそうなのかもしれないけれど、無理やりそんな括りにしなくてもなぁ・・・。
以下ネタバレ。
続きを読む >>
| - | 00:44 | comments(4) | trackbacks(0) |
『イン・ザ・プール』
イン・ザ・プール
イン・ザ・プール
奥田 英朗著
昨年8月4日に梅庵が記事投稿してくれた同著者の『空中ブランコ』の続編。私もこの『イン・ザ・プール』の前にそれを読んでコメントもつけていますが、『空中〜』の方が面白かったです。
5編あるうちの4番目「フレンズ」はケータイ依存症の高校生の話。
一日200回のメール、基本料に通話料、それだけで月の小遣い2万円が飛んでいく。服を買ったりCDを買ったりもしないといけないからバイトで5万稼ぐ。

取材で得たものなんでしょうか、岡田氏。ストーリーには関係ありませんがいまどきの高校生って月2万円もお小遣いをもらっているのかぁ。私は全くもらっていませんでした。(時代が違うんですけど)本屋へのツケは別でしたが。出来る範囲でおさめる、という忍耐を覚えるのがその頃の勉強のひとつだと思うのは時代錯誤でしょうか。

月に7万の小遣いを消費する話に父親は激怒し、夕食時にもケータイを打つ息子雄太を張り飛ばす。ケータイが手から離れた瞬間から腕に痙攣を起こした息子を見て、両親は「伊良部総合病院」へ行くように言い渡した。
例の奇妙な精神科医伊良部教授と看護婦マユミと関わるようになって、一向に良くなるどころかますます酷くなっていく雄太。バイトをしてまで買うCDも服も友人から利用されるだけ。1日に300回、16時間かけて打つメールも無視される毎日。焦燥感はつのり身心ともに病的にケータイ依存に傾いていく。
主治医の伊良部は猛烈に熱を上げたケータイを放り出し「飽きた。」といい「友人なんかいない。」と言明するし、ケータイを持つ気がさらさらないマユミも「友人はいない。」といい「淋しいけどひとりがいい。」と言う。
雄太にとって「友人がいない」と言える二人が驚きだった。
交友関係は存在証明のようなものだ。最大の恐怖は、自分だけが孤立することだ。

メールと品物で繋がっていると信じていた友人たちが、雄太をのけ者にして旅行の計画を立てていると知り雄太は・・・。

昨日書いた『ネット王子とケータイ姫』にも出てきたが、メール強迫症と言われるケータイ依存症は現存する問題で、仲間内のグルーピングに使われることからメールをすることでのみ繋がっていられるという恐怖心が根底にあるという。使い方とか使用時間とか打つ内容とか、そういうことをのみ外からいくら指導管理しようと、人間の弱い部分が人とのつながりを求める以上、簡単に繋がることの出来るネットやケータイの呪縛から逃れることはなかなか容易ではない。

現実の世界にもいらしてくださいませんか? 伊良部先生。
| | 16:58 | comments(1) | trackbacks(0) |
『ネット王子とケータイ姫』
ネット王子とケータイ姫―悲劇を防ぐための知恵
ネット王子とケータイ姫―悲劇を防ぐための知恵
香山 リカ, 森 健 共著
2004年6月、世の中を震撼させた事件は長崎佐世保の公立小学校、その校内で起きた。ここ数年若年層による犯罪などそれほど珍しくもない様相になってきてはいるが、この「佐世保事件」がメディアを通して見せたものは大人世代が感じているより遥かに「低年齢層のIT化」が進んでいるということ、尚且つその環境や実態は大人たちが把握するよりもっと深刻で見通せない面を持っているということである。
凶悪で悲惨な事件は年々地方分散していくという見方を引き合いに出すまでもないが、ネットや携帯電話(以下ケータイ)という時間と距離の概念を変えてしまうシステムやツールの発達と浸透によって、人口比率や産業分布、自然環境や地方慣習などを凌駕して、一見穏やかな地方都市ののどかな一画に思いもよらない「世界」を生み出している。
その世界は多くの大人たちは知らない。知ろうとしてもそれは無理である。知っていても抑えることは不可能である。
この事件を知った時、私は起こるべくして起こった事だと半ば静かにそしてざわついた。
実際にこの自分が以前ネットという場所にはまりこみ、家族を困らせ動揺させ大事な友人を泣かせたりもしたからである。
事は静かに堂々とものすごいスピードで侵攻していく。
痛みや悲しみや怖さや、確かに悦楽に値するものも、すべてが僅か数平方メートルのテリトリーの中で得られてしまう「世界」が自分を襲い巻き込んでいく。
社会生活を営み生活を為す「大人」に属する自分でさえそんな状態に陥ってしまった「世界」に未成年が未発達なまま出会ってしまったら・・・。
「インターネット利用の約束ごと」を小学生向けに作成した総務省には悪いが、野火は推測不可能な範囲と勢力で既に日本の隅々まで広がっていると感じてしまう。
そんな諦念にも似た感傷を「どうしようもない」と忘れかけていたときにこの本を読んだ。

精神科医の香山リカ氏とフリージャーナリストの森健氏が書かれたこの本は、副題に「悲劇を防ぐための知恵」とつけてある。
そんなものがあるのだろうか、と思いつつも読み進めたのだが言いたいことがはっきり打ち出されていて非常にわかりやすかったし、有効性は定かではないけれども中学生や高校生でも理解できる割り合い平易な文章で書かれていて好感を持って読めた。




続きを読む >>
| | 04:39 | comments(2) | trackbacks(1) |
<< 3/21 >>Copyright © paperboy&co. All Rights Reserved.